20130315news_eye

介護事業所検索サイト「介護ウェリナ」を公開

当社は今年3月で設立5周年を迎えます。その節目の年に、新たな分野への展開を目指し、二つ目の業界に向けたポータルサイトを公開いたしました。

介護ウェリナ
http://www.kaigowelina.com/

これまで生命保険及び損害保険の代理店をサポートするために、保険ウェリナを運営してきました。それらの民間の保険は、万が一のときのための準備や備えのため。そしてそれらの万が一の時には、死亡以外に「介護」にも備えることが通常です。

(さらに…)

LINEで送る
Pocket

続きを読む

20130309colum_eye

Webサイトは作るのではなく育てるもの

「ネットとリアルの融合」という言葉を耳にすることが増えました。日本でインターネットが盛んになり始めたのは、Window95が発売された頃からですので、かれこれ15年以上になります。そして、今やインターネットは私たちの暮らしやビジネスにとって、無くてはならない物にまでなり深く浸透しています。

このホームページにアクセスしてくださっている皆さまは、インターネットの取り組みを行っているか、これから取り組みを始めようとされている方ばかりだと思いますが、インターネットは1度限りの取り組みで終わる物では無いとご理解してください。

どのような効果や結果を求めるかによっても異なりますが、インターネット上に公開するWebサイトは「作る物」ではなく「育てる物」として認識していただきたいと思います。さらにインターネットとリアルの融合を目指されるのであれば、永続的に取り組むことが必須となり、根気強く取り組んでいただかなくてはなりません。
(さらに…)

LINEで送る
Pocket

続きを読む

20130309colum_eye

ホームページは「作る」のではなく「運営する」

Webサイト製作についてお問い合せをいただく際、しばしばこのようなご質問を寄せられることがあります。

「どのぐらいのお問い合せがありますか?」

費用をかけて製作するわけですので、もちろんお気持ちは理解できます。顧客や利用者の獲得を目指して、営業戦略の一環としてホームページ活用を考えていらっしゃるのでしょうから、効果が気になるのは当然のことだと思います。

ホームページを通じて、どのぐらいのお問い合せが入り、どのぐらいの割合で売上に繋がっていくのか。気にするのは、当たり前のことですよね。

ただ、ホームページは万能ではなく、何もしなくても売上につながることはありません。

製作しただけでは、何件の問い合わせが入るとは、保証することは極めて難しいのです。例えば、飲食店をオープンすれば、お客が勝手に入ってくるお店などなく、看板を付けたり、宣伝を行ったりするからお客が集まるのと同じように、ホームページを製作しただけでお問い合せが何件くるかは、分らないと言えます。
(さらに…)

LINEで送る
Pocket

続きを読む